茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。


茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。
山形弾丸紀行【渡部京一】
今回最後の訪問は渡部京一さんです。
平成21年度全国食味コンクール金賞受賞者です。
前年まで金賞受賞の遠藤五一さんに代わって
後輩の渡部京一さんが受賞されました。
今、渡部さんはデラウエアの手入れで大忙し!
一房ひと房、種なしにするための作業をしています。

両腕をずっと上に挙げ上を向きながらの作業、たいへんです。
手が真っ赤なのはどこまで作業が終わったか確認できるよう
ブドウ一房ひと房に食紅で色を付けているためです。
8月にはおいしいデラウエアが収穫できます。

同じ和田地区の遠藤五一さんはほとんど田植えが終わってしまいましたが
渡部京一さんは今しばらく田植えは待てとの判断。
米作りにも思いや、信念があるのだなと感じました。

今日はこの後、田んぼの代掻きを20時まで行います。
4月の長雨、5月の低温で作業が詰まってしまい、今が一番忙しいそうです。

日が暮れる前に山形を出発しよう。
山形から古河まで4時間。
全行程700辧
次回は泊りがけで行くことに決めました。

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。
| 渡部京一 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0)
東北紀行・山形高畠編【渡部京一】
先月8月20・21日両日を使って山形・秋田のお米生産者を訪問してきました。
最初に訪問したのは昨年食味コンテストで日本一に輝いた【渡部京一氏】
あの遠藤五一さんあとを受け継いだ金賞受賞者です。
平成20年度産日本一おいしいお米の生産者です。

ぶどう【デラウエア】の最後の収穫をしていました。
ぶどうの収穫は大変です。
ぶどう棚が身長よりも低いので腰をかがめての作業。

ぶどう棚、天井まで170僂發△蠅泙擦鵝
身長177cmの私はぶどう棚に入って5分で腰が痛くなりました。

お盆のころ(8月中旬)が最盛期。
来年の7月には渡部京一さんと遠藤五一さんのぶどうご紹介の予定です。
この日はワインの原料にするぶどうを収穫していました。

このぶどうすべて地元のワイナリー【高畠ワイナリー】へ出荷しています。

広い渡部京一さんのぶどう畑こんな風に収穫作業をしていました。
****
*

もちろん日本一の田んぼにもいってきました。

まだ穂が垂れてきていません。7月下旬の日照不足で生育が少し遅れています。
稲刈りは10月中旬の予定だそうです。

渡部京一さんの田んぼは水田環境鑑定で【特A】指定を受けている田んぼです。
水田環境鑑定とは特に水田の水の調査をし、そこに生息する生き物を調べるそうです。
詳しくは【お米のソムリエ】米・食味鑑定士協会の水田環境鑑定米のホームページをご覧ください。
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/merit.htm

今年は【渡部京一氏】のこしひかり販売予定です。
遠藤五一さんのお米と一緒にご案内します。
ご予約開始は10月中旬を予定しています。
ご予約開始日の案内はこちらからご登録ください。
http://www.komegin.com/kome/2009endou.html

次は遠藤五一さんです。


有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。






| 渡部京一 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 1PAGES |
カテゴリー
最近のスタッフ日記
スタッフプロフィール
ホームページ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES