茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。


茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。
遠藤五一・新米収穫
今まで忙しいだろうな〜と遠慮していたのですが
遠藤さんが『うちの田んぼの稲は完熟させてから刈るので
田んぼの色が違う。一度稲刈り時期に見に来てください。』というので
今年、初めて遠藤五一さんの稲刈りにお邪魔しました。
山形県高畠町の和田地区は稲刈りが始まったばかり。
和田地区では遠藤さんと同じ『上和田有機米生産組合』のメンバーが多く
まさに一面みごとな黄金色です。

遠くに見えるのは稲を杭にかけ自然乾燥させているところです。
杭掛け乾燥は近くで見るとこんな感じです。

上和田有機米生産組合では次世代へ農法を伝承するため
一定面積の田んぼを杭掛けによる自然乾燥を義務づけているそうです。
稲刈り機は使えますがコンバインは使えず手作業による重労働です。
ほとんどの米農家はコンバインで収穫後農協のカントリーエレベーターへ入れて
50℃の高温にて熱風乾燥させます。
遠藤さんはというと、自然乾燥以外のお米は
遠赤外線による低温長時間乾燥。29℃の温度で2日間かけて乾燥させます。

これは遠藤五一さん個人の遠赤外線低温乾燥機の操作パネルです。
29℃の設定温度が表記しています。この乾燥機で玄米を保存するのに
ぴったりの水分量15%までじっくり乾燥させます。
乾燥が終えた24年度産、遠藤五一さんの新米、できたてです。

続いて遠藤さん、今年から試験的に出荷する
山形発新品種『つや姫』のたんぼに案内してくれました。
ここで米銀美女軍団、遠藤さんを囲んで記念撮影

続いて今日稲刈りをする田んぼに案内してもらいました。

コンバインを操縦する遠藤さん。忙しい中付き合ってくれて感謝です。

機械化とは言え農業は細かなところでは手作業がかなり残る重労働。
改めて頭が下がる思いです。
頭が下がると言えば遠藤五一さん、無農薬こしひかりの田んぼの前で
こんな話もしてくれました。

稲の穂の曲がり具合に注目してください。
こしひかりは稲の茎が細いわりには実を多くつけるそうです。
欲張ってたくさん収穫しようとすると実の重みで稲は倒れてしまいます。
倒れた稲は腐ったりしておいしいお米になりません。
私たちの住む茨城では稲が倒れた田んぼをよく見かけます。
倒れないように茎を太くし、実のつき具合を遠藤さんは
肥料の投入量とタイミングで調整しているそうです。
日本一のお米を作るには日本一の努力が必要だと改めて思いました。
そんな日本一致のお米を食べられる私たち、遠藤さんに感謝です。

稲刈りで忙しい遠藤さん。天気を見ながら10月中旬まで稲刈りが続きます。
遠藤五一さんの新米、11月上旬入荷、中旬から順次出荷の予定です。

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。







| 遠藤五一 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
今年も実のぎっしり詰まった無農薬かぼちゃが到着しました。

作ったのはもちろんこの人
5年連続米米食味コンテストで日本一に輝いた
『遠藤 五一』さん

米作りにかける情熱をそのままかぼちゃに向けています。
かぼちゃを無農薬で作るのは難しいそうです。
なかでも土中のミネラルのバランスがとっても大切と
遠藤さんは話していました。
ミネラルのバランスがとっても良いと
かぼちゃの葉は大きく、周りがギザギザになるそうです。

かぼちゃの葉の様子から
『今年もおいしいかぼちゃになるでしょう』と満面の笑み

遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
100gあたり【63円】1玉1000g〜1400g(630円〜882円)
お料理しやすいように小ぶりを選んでもらいました。
遠藤五一さんの無農薬かぼちゃのご注文はこちらから
http://storetool.jp/3705263880/ITMP/808143.html
送料はこちらを見てくださいね。
売り切れ必至です。ご注文はお早めに!

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城県古河市:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0)
山形弾丸ツアー【遠藤五一】
ご存知、遠藤五一さん。ちょうど田植えをしている最中です。

今は田植え機で簡単に済んでしまいますが
昔は苗を1束1束植えてゆく重労働でした。
この苗がすべて日本一のこしひかりになります。

今年は4月の長雨と5月の低温で根の張りが弱いと
遠藤さん心配していました。

当日はあいにくの雨でしたが
遠藤さんの作業は黙々と続きます。

田植え一段落してちょっと一休み。
遠藤五一、本日のベストショット
遠藤さんの笑顔です。

今年もおいしいお米が実りますように。
遠藤五一さんのお米、平成22年度産新米の予約開始のご案内は
こちらから登録してください。

続いて遠藤五一さんの後輩、渡部京一さんを訪ねます。

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。



| 遠藤五一 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0)
東北紀行 山形・高畠編【遠藤五一】
続いて【遠藤五一氏】を訪ねました。
テレビ、雑誌などたくさん取材を受ける遠藤さん。
なんと取材応対室、資料室を自宅向に造ってしまいました。

食味鑑定コンクールでの金賞受賞の賞状や
遠藤さんが掲載されている雑誌が並んでいます。

平成16年から19年までの4年間の金賞受賞の賞状と
平成20年の米作り殿堂入りの賞状です。
そして一番目をひいたのがこちら

カンブリア宮殿出演したときの遠藤五一さんの言葉です。
評価は他人がして評価
自分が自分で評価するのは
自己満足に過ぎない
自己満足の先には
チャレンジは無い!

日本一を5年間保ち続けるのは並大抵な意思ではだめですね。
私も遠藤五一さんのつめの垢でも頂かなければ・・・。
***

***
遠藤五一さんの田んぼです。
先ほどの渡部京一さんの田んぼと同じぐらいの生育状況でした。
すこし稲の頭が垂れてきています。

わかりますか?真ん中あたりの稲が薄くなっています。
肥料撒きの時、有機肥料をぶちまけてしまったところだそうです。
肥料やけをしてうまく育たなかったところです。
肥料は少なくてもだめ、多くてもだめ。
適量でないとおいしいお米は育たないそうです。
この適量の塩梅がむずかしいそうです。

山形県が開発した新品種【つや姫】
旨み、艶、色のよい新品種。
こしひかりを超えるお米として山形で誕生したお米です。
今年初めて試験米が出荷されるそうです。
遠藤さんのところに依頼が来たそうです。
もちろん無農薬、有機肥料で育てています。
***
こしひかりより背の低い倒壊に強い稲です。
米銀にも出荷してくれるかな?お願いしてきました。
皆さんにご紹介できるといいですね。

遠藤五一さんのお米10月中旬に予約開始ます。
予約開始日のご案内はこちらから
http://www.komegin.com/kome/2009endou.html

今日はこれから国道13号線を北上、新庄へ向かいます。
新庄で一泊後、明日は鮭川村の津藤次雄さん、高橋喜一さんを訪問します。

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。

| 遠藤五一 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0)
遠藤五一の無農薬かぼちゃ
遠藤五一さんが作る【無農薬かぼちゃ】がまもなく収穫です。

お米食味コンクール4年連続日本一を果たし米作り殿堂入りした
遠藤さんが育てている無農薬かぼちゃ。
写真ではわかりにくいですが、黄色のきれいな花が咲いていました。

今年も『ホクホク、あまーい』かぼちゃが入荷します。
米作りの情熱そのまま、遠藤さんの人柄を映しているかぼちゃです。
限定品なので毎年入荷前に予約で売切れてしまうほどの人気商品です。
遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
1kg当たり
630
1玉700円〜800円になります。
ご注文はこちらから
http://storetool.jp/3705263880/ITMP/808143.html
送料はこちらをクリックしてください。


もちろん日本一のお米の飼育状況も見てきました。

この田圃から日本一のこしひかりが採れます。
遠藤さんのお米は10月中旬ごろ予約開始いたします。
今しばらくお待ちください。

今一度遠藤五一さんの無農薬かぼちゃのご案内です。

遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
1kg当たり
630
1玉700円〜800円になります。
ご注文はこちらから
http://storetool.jp/3705263880/ITMP/808143.html
送料はこちらをクリックしてください。


有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。

| 遠藤五一 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0)
遠藤五一・日本一の田んぼ
遠藤五一さんの田んぼにやってきました。

ここで約1時間、遠藤五一さんのお話を伺うことが出来ました。
上和田有機米生産組合のこと、米作りのこと
日本の農業の将来について、そして農業とわれわれ商工業との共通点について。

米作りについて、そして日本の農業の将来についてをはなしているときの
遠藤さんの目は遠いところを見ていました。

一番印象に残った話は
「有機栽培米はだれにでもできる。問題なのはいかにおいしく安心して食べられるお米を作るかだ。
肥料の与え方一つでもお米の味は変わってくる。
上和田有機米の決まりでは1反部あたり何キロ有機肥料を入れればよいのかきめられている。
問題は同じ田んぼの中でもどこにどれだけまけばよいかを考えなければ。
もちろん風の向き、水の流れを考慮に入れなければ」
『神は細部に宿る』私はこのときこのことばを思い出しました。
こだわって、こだわって、こだわりぬいてお米を作る。
収穫してお米を味わってできばえに満足せず、
米作り一年を省みて、省みて、さらに省みて翌年の米作りに生かす。
遠藤五一さんのお米が日本一なるのは必然のように思えました。
遠藤さんだけではないでしょう。
上和田有機米の皆さん、二宮組合長、渡部京一さんをはじめみな同じ思いでしょう。
遠藤さんはこうも言っていました。
「きちんと米作りを出来ない方には上和田有機米生産組合を辞めていただくこともある。
だれもが上和田有機米を作ることが出来るとは限らない。
組合長にはその権限がある。
組合員全員で上和田有機米のブランドを作り守っていかなければいけない。」
私にとってこの日一番重いことばでした。

これから田んぼの水を抜き除草作業が始まります。
収穫までに何度もこの作業を繰り返すそうです。

やっぱり遠藤五一さんのお米・上和田有機米生産組合のお米『日本一』です。
再認識した山形・高畠訪問でした。

有機栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0)
上和田有機米生産組合訪問
先月に続き山形・高畠までの出張です。
今回は商工会議所の研修旅行に上和田有機生産組合の皆さんの
講演と現地視察を企画し、その下見を兼ねての打合せです。

当方から6名、上和田からは二宮隆一組合長、遠藤五一さん、渡部京一さんの3名が出席。
この3名に講演していただきます。
・・・
二宮隆一組合長には上和田有機米生産者組合設立から現在に至るまで
特に組合設立時のお話を伺います。
遠藤五一さんには食味コンクールでの金賞受賞までの道のりと4年連続受賞への苦労と工夫を伺います。
渡部京一さんからは上和田有機米販売部として営業時のお話をお聞きします。

今回の上和田訪問の目玉はもう一つ
菊地初代組合長が教える【南山形そば教室】で手打ちそばを習うこと。
・・・
最初に菊地初代組合長の講義を聞きそば打ちに突入。
菊地先生の講義はとても科学的。そばの実の加水率30%、積算温度1300度など
理科の実験のようです。極めつけはそば粉にお湯を加えるとき
温度計できっちり温度を測り、メスシリンダーで量を測ります。
科学的にそば打ちを行うことによってだれでもおいしく【十割そば】が打てるそうです。
・・・
みな真剣そのもの、無駄口もたたきません。左利きはやりズラそうでした。

余裕の上和田三人衆。
・・・
十割手打ちそばができました。みなそば打ちは初めて。それにしてはかなり上手に出来ました。
菊地先生が大きな釜でさっとゆでてくれました。
そばには消化酵素が含まれているとのことそば粉を生で食べてもだいじょうぶ!
本当に1分ぐらいのゆで時間でした。


十割手打ちそば完成です。つなぎを一切使わず、そば粉だけで作った手打ちそば。
初心者6人全員おいしく完成しました。

みんなで食べました。コシがあって香りがあって最高のおそばです。
お代わりしました。さらに菊池さんに三杯目をよそられました。
おなかいっぱいでしたが残せないのでみんな食べてしまいました。


おなかいっぱいのところそば打ち教室の前で記念撮影です。
次に向かうは遠藤五一さんの田んぼ。
つい1週間前に田植えを終えたばかりだそうです。
田んぼの前で遠藤五一さんからいろんなお話を聞きました。
『なるほど日本一になるわけだ』というお話でした。
お話の内容は次回『遠藤五一さん・日本一の田んぼ』で


有機栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0)
山形旅情・上和田有機米生産組合編
続いて向かったのが同じ山形県高畠町
東根の阿部巌さん宅より車で2時間弱でした。

今高畠町ではぶどうの作業に追われています。

上和田有機米生産者組合の渡部京一さんのブドウ畑にお邪魔しました。
品種はデラウェア。種無しぶどうにするための作業をしているところです。
現在のぶどうはこんなかんじ、やっと実らしきものが出てきたところです。


古河ではゴールデンウィーク前に田植えが済んでいましたが
ここ山形、上和田地区の田んぼはまだでした。
今、上和田の有機米は

芝生ではありません。苗代です。渡部京一さんの苗代です。
渡辺京一さんは昨年の食味コンテストで特別優秀賞を受賞しました。
遠藤五一さんのお米に負けず劣らずのおいしいお米を作っています。
プール育苗というやり方で水の中で育てています。

遠藤五一さんが根の張り具合を見せてくれました。
この根っこが上和田の有機肥料たっぷりの田んぼから養分を吸い上げおいしいお米が出来上がります。

苗代のまえで一人づつ記念撮影
**

左上より二宮隆一組合長・続いて遠藤五一さん・渡部京一さん
みなさんおいしく安心して召上れるお米を作っています。
遠藤吾一さんは昨年の食味コンテストではダイヤモンド褒章を受章
三年連続金賞受賞者のみに与えられる栄誉です。
最後に上和田有機米生産組合事務所の前で記念撮影

一路古河へ帰ります。
でもせっかく米沢を通るのだからおいしい米沢牛を食べよう!
ということで遠藤五一さんに米沢牛のおいしいお店を紹介していただきました。
上和田の有機米、少農薬米8月には予約のサイト立ち上げます。
今しばらくお待ち下さい。

有機栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0)
おめでとう遠藤五一さん4年連続日本一
全国米食味分析鑑定コンクール4年連続【金賞】受賞
11月25日福井県越前市で行われたコンクールで
今年も遠藤五一さんのお米が「日本一」となりました。
しかも最高得点での受賞!
コンクールの模様はこちらをご覧ください。



遠藤五一さんの写真はいつも表情が硬いので
今年の夏、山形高畠へお伺いしたときの遠藤さんの
とびきりの笑顔を載せました。

山形県高畠町の遠藤さんの田んぼです。



ここで日本一おいしいお米が育ちます。

遠藤五一さんのこしひかりが「どっちの料理ショー」に
厳選素材として登場します。
放送は来年1月4日21:30より日本テレビ
【ご飯に合うおかず対決 和食VS中華】
ぜひ見てくださいね。

遠藤さんのお米はこちらをご覧ください。
当店のお弁当、おにぎりは日本一の米作りが育てた
こしひかりを炊いています。


:米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:肴町 米銀への店舗アクセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 1PAGES |