茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。


茨城・古河でお弁当の配達・仕出しを行っている米屋:肴町(米銀)です。
遠藤五一・新米収穫
今まで忙しいだろうな〜と遠慮していたのですが
遠藤さんが『うちの田んぼの稲は完熟させてから刈るので
田んぼの色が違う。一度稲刈り時期に見に来てください。』というので
今年、初めて遠藤五一さんの稲刈りにお邪魔しました。
山形県高畠町の和田地区は稲刈りが始まったばかり。
和田地区では遠藤さんと同じ『上和田有機米生産組合』のメンバーが多く
まさに一面みごとな黄金色です。

遠くに見えるのは稲を杭にかけ自然乾燥させているところです。
杭掛け乾燥は近くで見るとこんな感じです。

上和田有機米生産組合では次世代へ農法を伝承するため
一定面積の田んぼを杭掛けによる自然乾燥を義務づけているそうです。
稲刈り機は使えますがコンバインは使えず手作業による重労働です。
ほとんどの米農家はコンバインで収穫後農協のカントリーエレベーターへ入れて
50℃の高温にて熱風乾燥させます。
遠藤さんはというと、自然乾燥以外のお米は
遠赤外線による低温長時間乾燥。29℃の温度で2日間かけて乾燥させます。

これは遠藤五一さん個人の遠赤外線低温乾燥機の操作パネルです。
29℃の設定温度が表記しています。この乾燥機で玄米を保存するのに
ぴったりの水分量15%までじっくり乾燥させます。
乾燥が終えた24年度産、遠藤五一さんの新米、できたてです。

続いて遠藤さん、今年から試験的に出荷する
山形発新品種『つや姫』のたんぼに案内してくれました。
ここで米銀美女軍団、遠藤さんを囲んで記念撮影

続いて今日稲刈りをする田んぼに案内してもらいました。

コンバインを操縦する遠藤さん。忙しい中付き合ってくれて感謝です。

機械化とは言え農業は細かなところでは手作業がかなり残る重労働。
改めて頭が下がる思いです。
頭が下がると言えば遠藤五一さん、無農薬こしひかりの田んぼの前で
こんな話もしてくれました。

稲の穂の曲がり具合に注目してください。
こしひかりは稲の茎が細いわりには実を多くつけるそうです。
欲張ってたくさん収穫しようとすると実の重みで稲は倒れてしまいます。
倒れた稲は腐ったりしておいしいお米になりません。
私たちの住む茨城では稲が倒れた田んぼをよく見かけます。
倒れないように茎を太くし、実のつき具合を遠藤さんは
肥料の投入量とタイミングで調整しているそうです。
日本一のお米を作るには日本一の努力が必要だと改めて思いました。
そんな日本一致のお米を食べられる私たち、遠藤さんに感謝です。

稲刈りで忙しい遠藤さん。天気を見ながら10月中旬まで稲刈りが続きます。
遠藤五一さんの新米、11月上旬入荷、中旬から順次出荷の予定です。

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。







| 遠藤五一 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
今年も実のぎっしり詰まった無農薬かぼちゃが到着しました。

作ったのはもちろんこの人
5年連続米米食味コンテストで日本一に輝いた
『遠藤 五一』さん

米作りにかける情熱をそのままかぼちゃに向けています。
かぼちゃを無農薬で作るのは難しいそうです。
なかでも土中のミネラルのバランスがとっても大切と
遠藤さんは話していました。
ミネラルのバランスがとっても良いと
かぼちゃの葉は大きく、周りがギザギザになるそうです。

かぼちゃの葉の様子から
『今年もおいしいかぼちゃになるでしょう』と満面の笑み

遠藤五一さんの無農薬かぼちゃ
100gあたり【63円】1玉1000g〜1400g(630円〜882円)
お料理しやすいように小ぶりを選んでもらいました。
遠藤五一さんの無農薬かぼちゃのご注文はこちらから
http://storetool.jp/3705263880/ITMP/808143.html
送料はこちらを見てくださいね。
売り切れ必至です。ご注文はお早めに!

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城県古河市:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0)
キングデラ
ことしもおいしいキングデラご案内の季節になりました。
キングデラとは
爽やかな香りが自慢のマスカット・オブ・アレキサンドリアと
レッド・パール(デラウエアの改良種)の交配から生まれた
ぶどうの新品種です。

一般的に知られているデラウエアより房も粒もとても大きく、
一粒食べれば甘さがお口いっぱいに広がり、
マスカットの風味が漂う今までに食べたこのないぶどうです。

作っているのは山形県上山市の佐藤松治さん

佐藤さんは、キングデラの本場山梨からも視察に来るぐらい、
ぶどう栽培にかける情熱を持っている生産者です。
ブドウ畑の土は毎年掘り起こし水はけのよいブドウ畑にしています。
どうりでふわふわの土でした。
そんな土壌にしっかり根を張ったぶどうは甘く香りのよい房を育んでいます。

雨の雫にあたらぬよう和紙の傘でぶどうを守ります。

鳥に狙われぬようブドウ畑全体を網で覆っています。

佐藤松治さんの【キングデラ】
2kg【5〜6房】
4600
送料はここをクリックしてください。
キングデラ山形の佐藤果樹園より直送いたします。
お米などその他の商品との同梱はできません。
送料もそれぞれに発生します。ご了承くださいませ。
8月5日ご予約締切・8月7日〜9日お届けです。
ご注文はこちらから
http://storetool.jp/3705263880/ITMP/709127.html

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 佐藤松治 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0)
阿部果樹園たより・2010年春号
さくらんぼ生産者【阿部巌・俊博さん】親子より
阿部果樹園たよりをいただきました。
阿部さん親子がさくらんぼに向ける情熱や愛情が伝わってくるお手紙でした。

〜阿部果樹園便り〜
初夏の山形の風物詩「さくらんぼ」の季節がやってきます。

“美味しい果物は土作りから”をモットーに天然素材の有機肥料にこだわり、
病気にならない健康な樹作りを徹底し安全性を高めるために低農薬に心がけてきました。
今年の山形は春先の天候不順で、さくらんぼの生育がとても心配されました。
4月になってから雪が降ったりして気温は全く上がらず
さくらんぼを始めほとんどの果樹の開花が遅くなりました。
また、5月に入ってからは真夏日のような日があったかと思うと、
寒くて今にも雪の降り出しそうな日もあり本当に安定しませんでした。
ただ、花の開花期に天気が良く例年以上に蜂が活躍してくれました。

今年の満開時の写真です。
当園地ではマメコバチを積極的に育成しております。
マメコバチはさくらんぼの受粉にとても有効な蜂です。
この蜂が今年はブンブンと音をたてて飛んでくれました。
ここ最近こんなに沢山のマメコバチの活躍を見たことがありませんでした。
このマメコバチの活躍のお陰か天候不順にもかかわらず、
今年の阿部果樹園のさくらんぼはとても順調です。
ただ、これからの天候次第ですが、
開花時期が遅くなったことで収穫もいつもより4〜5日遅くなる予想です。
また今年も味の良いさくらんぼが収穫できそうです。
皆様のお手元に届くまで気を抜くことなく大事に育てていきたいと思います。
佐藤錦はもちろんですが、大粒で甘みが強く実の硬いさくらんぼ王国山形県の新品種
「紅秀峰」もまた一味違ったさくらんぼとしてどうぞご賞味ください。
佐藤錦は6月中下旬頃から、紅秀峰は7月初め頃からの収穫となります。

阿部巌さん・俊博さん親子のツーショット
もぎたてを即日発送いたします。家族一同丹精込めてつくった
「佐藤錦」「紅秀峰」をご贈答、ご家庭の初夏の味に今年も是非どうぞ。

今年もおいしいさくらんぼお届けできそうです。
ご予約はこちらから
http://www.komegin.com/season/cherry.html
佐藤錦の締め切りは6月10日・紅秀峰の締め切りは6月20日
お待ちしています。


有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城県古河市:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。
| 阿部巌 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0)
山形弾丸紀行【渡部京一】
今回最後の訪問は渡部京一さんです。
平成21年度全国食味コンクール金賞受賞者です。
前年まで金賞受賞の遠藤五一さんに代わって
後輩の渡部京一さんが受賞されました。
今、渡部さんはデラウエアの手入れで大忙し!
一房ひと房、種なしにするための作業をしています。

両腕をずっと上に挙げ上を向きながらの作業、たいへんです。
手が真っ赤なのはどこまで作業が終わったか確認できるよう
ブドウ一房ひと房に食紅で色を付けているためです。
8月にはおいしいデラウエアが収穫できます。

同じ和田地区の遠藤五一さんはほとんど田植えが終わってしまいましたが
渡部京一さんは今しばらく田植えは待てとの判断。
米作りにも思いや、信念があるのだなと感じました。

今日はこの後、田んぼの代掻きを20時まで行います。
4月の長雨、5月の低温で作業が詰まってしまい、今が一番忙しいそうです。

日が暮れる前に山形を出発しよう。
山形から古河まで4時間。
全行程700辧
次回は泊りがけで行くことに決めました。

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。
| 渡部京一 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0)
山形弾丸ツアー【遠藤五一】
ご存知、遠藤五一さん。ちょうど田植えをしている最中です。

今は田植え機で簡単に済んでしまいますが
昔は苗を1束1束植えてゆく重労働でした。
この苗がすべて日本一のこしひかりになります。

今年は4月の長雨と5月の低温で根の張りが弱いと
遠藤さん心配していました。

当日はあいにくの雨でしたが
遠藤さんの作業は黙々と続きます。

田植え一段落してちょっと一休み。
遠藤五一、本日のベストショット
遠藤さんの笑顔です。

今年もおいしいお米が実りますように。
遠藤五一さんのお米、平成22年度産新米の予約開始のご案内は
こちらから登録してください。

続いて遠藤五一さんの後輩、渡部京一さんを訪ねます。

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。



| 遠藤五一 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0)
山形弾丸紀行【佐藤松治】
続いて向かったのが上山市の佐藤松治さんキングデラの生産者です。

キングデラとはブドウの品種でレッドパールと
マスカット・オブ・アレキサンドリアの交配種です。
デラウエアに似ていて粒がとても大きいのでこの名前がつきました。
デラウエア同様食べやすく、
糖度は平均20度以上でとってもジューシーなブドウです。

7月下旬が最盛期、今はこんなかわいい姿です。

佐藤松治さんはブドウをおいしく作るために労を惜しまない生産者。
ブドウが甘くなるので甘味料の原料になるステビアを栽培し
肥料のようにブドウの木のまわりに散布します。
このほかたくさんのことを試しているそうです。


6月上旬にはご予約のご案内できそうです。
次は高畠町、遠藤五一さんと渡部京一さんを訪問します。

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。
| 佐藤松治 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0)
山形弾丸紀行【阿部巌・敏博】
先日、5月19日(水)さくらんぼの生産者【阿部巌さん】
キングデラ(ぶどう)の生産者【佐藤松治さん】
お米の生産者【遠藤五一さん】と【渡部京一さん】を訪ねて
山形へ日帰り出張してきました。

まずは最初の訪問地、東根市神町
さくらんぼ生産者の阿部巌さん・敏博さんの阿部果樹園を訪れました。

今、佐藤錦は花が終わり、ちいさなさくらんぼの実が結び始めたばかりです。
茶色に見えるところがさくらんぼの花があったところです。
5月上旬のさくらんぼの花はこんなにきれいです。

一か所から8こ位のさくらんぼの実がなりますが
おいしく育てるために半分以上間引いてしまいます。
今その作業に大忙しです。

この小さな実があと1か月もすると真っ赤なおいしいさくらんぼに変身します。

今年は蜂の活動が活発で結実がよいと阿部さんホッとしていました。
さくらんぼの受粉に最適なのは『マメコバチ』という蜂です。
マメコバチは主に花粉をたくさん集める蜂です。
さくらんぼ実は同じ品種同士の受粉では結実しないそうです。
佐藤錦の花にはナポレオンや紅秀峰の花粉がないと
おいしいさくらんぼができないそうです。
たから阿部さんの果樹園には佐藤錦の木だけでなく
ナポレオンや紅秀峰などの他品種の木が三割以上植えられています。

受粉に大活躍した『マメコバチ』の巣です。
水辺に群生する葦(よし)を乾燥させて巣にしています。
以前は茅葺屋根のお家が多く茅の中に巣を作っていたそうです。
今では瓦屋根のお家しかなく阿部さんが試行錯誤の末に
こんなマメコバチの巣を作ってあげたそうです。

今年もおいしいさくらんぼお届けできそうです。
阿部さんのおいしいさくらんぼのご予約はこちらから

茨城県古河市:米銀商店 有機栽培米・契約栽培米ホームページはこちらをご覧下さい。
| 阿部巌 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0)
東北紀行・山形高畠編【渡部京一】
先月8月20・21日両日を使って山形・秋田のお米生産者を訪問してきました。
最初に訪問したのは昨年食味コンテストで日本一に輝いた【渡部京一氏】
あの遠藤五一さんあとを受け継いだ金賞受賞者です。
平成20年度産日本一おいしいお米の生産者です。

ぶどう【デラウエア】の最後の収穫をしていました。
ぶどうの収穫は大変です。
ぶどう棚が身長よりも低いので腰をかがめての作業。

ぶどう棚、天井まで170僂發△蠅泙擦鵝
身長177cmの私はぶどう棚に入って5分で腰が痛くなりました。

お盆のころ(8月中旬)が最盛期。
来年の7月には渡部京一さんと遠藤五一さんのぶどうご紹介の予定です。
この日はワインの原料にするぶどうを収穫していました。

このぶどうすべて地元のワイナリー【高畠ワイナリー】へ出荷しています。

広い渡部京一さんのぶどう畑こんな風に収穫作業をしていました。
****
*

もちろん日本一の田んぼにもいってきました。

まだ穂が垂れてきていません。7月下旬の日照不足で生育が少し遅れています。
稲刈りは10月中旬の予定だそうです。

渡部京一さんの田んぼは水田環境鑑定で【特A】指定を受けている田んぼです。
水田環境鑑定とは特に水田の水の調査をし、そこに生息する生き物を調べるそうです。
詳しくは【お米のソムリエ】米・食味鑑定士協会の水田環境鑑定米のホームページをご覧ください。
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/merit.htm

今年は【渡部京一氏】のこしひかり販売予定です。
遠藤五一さんのお米と一緒にご案内します。
ご予約開始は10月中旬を予定しています。
ご予約開始日の案内はこちらからご登録ください。
http://www.komegin.com/kome/2009endou.html

次は遠藤五一さんです。


有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。






| 渡部京一 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0)
東北紀行 山形・高畠編【遠藤五一】
続いて【遠藤五一氏】を訪ねました。
テレビ、雑誌などたくさん取材を受ける遠藤さん。
なんと取材応対室、資料室を自宅向に造ってしまいました。

食味鑑定コンクールでの金賞受賞の賞状や
遠藤さんが掲載されている雑誌が並んでいます。

平成16年から19年までの4年間の金賞受賞の賞状と
平成20年の米作り殿堂入りの賞状です。
そして一番目をひいたのがこちら

カンブリア宮殿出演したときの遠藤五一さんの言葉です。
評価は他人がして評価
自分が自分で評価するのは
自己満足に過ぎない
自己満足の先には
チャレンジは無い!

日本一を5年間保ち続けるのは並大抵な意思ではだめですね。
私も遠藤五一さんのつめの垢でも頂かなければ・・・。
***

***
遠藤五一さんの田んぼです。
先ほどの渡部京一さんの田んぼと同じぐらいの生育状況でした。
すこし稲の頭が垂れてきています。

わかりますか?真ん中あたりの稲が薄くなっています。
肥料撒きの時、有機肥料をぶちまけてしまったところだそうです。
肥料やけをしてうまく育たなかったところです。
肥料は少なくてもだめ、多くてもだめ。
適量でないとおいしいお米は育たないそうです。
この適量の塩梅がむずかしいそうです。

山形県が開発した新品種【つや姫】
旨み、艶、色のよい新品種。
こしひかりを超えるお米として山形で誕生したお米です。
今年初めて試験米が出荷されるそうです。
遠藤さんのところに依頼が来たそうです。
もちろん無農薬、有機肥料で育てています。
***
こしひかりより背の低い倒壊に強い稲です。
米銀にも出荷してくれるかな?お願いしてきました。
皆さんにご紹介できるといいですね。

遠藤五一さんのお米10月中旬に予約開始ます。
予約開始日のご案内はこちらから
http://www.komegin.com/kome/2009endou.html

今日はこれから国道13号線を北上、新庄へ向かいます。
新庄で一泊後、明日は鮭川村の津藤次雄さん、高橋喜一さんを訪問します。

有機栽培米・契約栽培米: 米銀商店 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:米銀商店への店舗アセスはこちらをご覧下さい。

| 遠藤五一 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1 / 3PAGES | >>